こだわりのリフォーム・リノベーションには
住宅ローンの活用がオススメ

ローンの種類と違いについて

【リフォームローン】
一般的なリフォームローンの特徴として、無担保で審査も早いなどのメリットが上げられます。
しかし住宅ローンに比べて借入れ金が少額で、返済期間も短く、金利も高めになっています。

【住宅ローン】
 一般的な住宅ローンは抵当権の設定が必要となり、審査にも時間がかかりますが、無担保ローンよりも
多くの借入れをすることができ、返済期間も長いため、返済しやすいと言えます。

中古住宅購入+リフォーム・リノベーションで一括借入れ

リフォーム工事代金を返済期間が短くて金利の高いリフォームローンではなく、
一般の住宅ローンとして準備することができます。
中古住宅購入時にリフォームを行ってしまえば、購入代金に加えて、リフォーム代金も一緒に住宅ローンで借入れをすることができます。一括で借入れしてしまえば、審査も総額で受けられて、抵当権の設定等の手続きも一度で済みます。また、住宅購入分とリフォーム・リノベーション分を合わせた資金計画が立てられるため、全体で費用がいくらかかるのかが分かりやすいというメリットもあります。

住宅ローンの組み方について

例「中古住宅を購入し自分の好みでリフォームしたい!」
・購入する中古住宅(土地・建物)を決める〈金額A〉
・リフォーム工事内容を決める〈金額B〉
・A+Bの合計金額で住宅ローンの申し込みを行う
・Aの住宅ローンの実行・中古住宅取得
・リフォームの工事内容決定(金額Bの範囲内)
・リフォーム工事着工
・工事完了・リフォーム工事分〈金額B〉の住宅ローン実行
※お客様は結果的にAとBの住宅ローンを2本契約することになります。これは、予め先に土地を住宅ローンで購入し、後日、建物も住宅ローンで建築する場合と類似するものです。